1938年: 初代社長本田勇夫『イサオ工業所』創業。
1942年: 藤田造船機械鰍吸収合併し、日本造船機械叶ン立。
旧海軍艦政本部監督工場として、艦艇・戦時標準船用航海機器の製造開始。
1942年: 舶用大型ディーゼル用吸・排気弁弁棒と弁座の製造開始。
1950年: 大型船舶用電気式テレグラフ・遠隔操縦装置等の製造開始。
1953年: 艦艇用機器の製造および防衛庁規格制定審議に参画。
1955年: 日本工業規格舶用電気通信計測委員会規格制定審議に参画。
1958年: 日本工業規格表示許可工場となる。
1969年: 陸上省力化機器分野に進出。
1971年: 新工場建設、現在地に移転。
1975年: 産業機械部門強化のため陸上機械部を設置。
1981年: ハードフェーシング工場を増設。自動肉盛装置導入。
1984年: 館林製缶工場を開設する。日本海事協会“MO”規格型式承認取得。
1985年: 京浜製作所を開設し、萩中製作所を金属材料研究室とする。
設計部門にCADシステム導入。
1986年: 社名を『株式会社 エヌ ゼット ケイ』に変更する。
1990年: 米国VMT社と造水機の国内総代理店契約。ABS型式承認取得。
1991年: プリンターラベラー製造開始。
1992年: 京浜製作所二期工事完成。金属材料研究室を統合。
1994年: 本社を現在地に移転。
大型機関用排気弁弁棒、弁座海外取引開始。
1996年: 自動靴磨機開発製造。
1999年: EC指令の舶用機器指令に基づくCEマーキング取得。
2000年: 沖縄サミット支援、海上保安庁殿より感謝状。
2002年: 社内LAN構築。
大型機関用排気弁弁棒、弁座製造設備拡張。
2003年: ISO 9001:2000取得。
2006年: ISO 9001:2000更新。
2007年: 佐野工場事務棟完成。
2009年: ISO 9001:2008更新。
2010年: DuraSpindleの製造(サイズ50MC迄)MAN Diesel & Turbo社より認定を取得。
2012年: DuraSpindle全サイズの製造 MAN Diesel & Turbo社より認定を取得。
2018年: ISO 9001:2015更新。