ディーゼル部品
 
 
 
 当社は1947年より舶用低速ディーゼルエンジン用 Valve Spindle 及び Valve Seat の製造を開始しました。そして現在に至るまで半世紀以上に亘り製造を続けております。
 当社では Valve Spindle の材料(NiCr20TiAl/SNCrW)に大同特殊鋼且ミの高品質な鍛造品を使用しており、特に Valve Spindle/Seat のシート部に施工されるハードフェーシング技術については高い技術力を有し、国内外から高い評価を得ております。
  ディーゼル部品 品目
 
舶用低速ディーゼルエンジン用 Valve Spindle/Seat
舶用中速ディーゼルエンジン用 Valve Spindle/Seat
上記用各種関連部品
  主な取扱エンジン
 
98MC(MC-C/ME)〜 35MC
90GF(GB) 〜 45GF
WIN GD RT-flex96C(W-X)〜RT-flex48T
UE UEC85LSE(LSU)〜UEC50LSE
NIIGATA 34B(N)T 〜 26A(B)T ※中速タイプ
  年間製造本数 約4,000本(大型Spindleのみ)
 
主な納入先(敬称略)
〔日本国内〕 〔中国〕  
・J-ENG ・HHM  
・MES ・CMD  
・Hitz ・DMD  
・IMEX ・YMD
・DU ・QMD
・新潟原動機  
 
Valve Spindle/Seat とは
 ディーゼルエンジン用Valve Spindle/Seatとは、Spindleを開閉することによってシリンダー内のガスを排気(または吸気)する部品で、タンカーなどの大型船や発電所などに使われております。
 
 
 
DuraSpindle
 

Rolling Press

ローリングプレス加工
ラインアップ
MAN Diesel
  90GB 80GF 80ME 50MC
WIN GD
  Flex 96C Flex 50
UE
UEC80LSE
NIIGATA
 
  40X 34BT 26AT